~人生の転機予報~№2 腫れ(*_*)

群馬医療福祉求人ナビTOP › お役立ち情報 › ~人生の転機予報~№2 腫れ(*_*)

こんにちは、みなさん

お歳暮などの時期ですね!!!

そこで、「頂き物」について考えてしまうことがあります

個人のやりとりであれば、私が「頂いた物」をくださった相手に「感謝・お礼」ですね

それが、会社の場合は

担当者(私)が「頂いたもの」は?・・・・会社への頂きもの・・・「感謝・お礼」は? 担当者(私)からです

それが、家族(父・母・夫・妻・子供)への「頂きもの」を受けとったとき・・・家族のかわりに「感謝の言葉」をいいますね・・・

お礼は、受取人の家族がしますが、お子様だとお母様・お父様の役割になることもありますね

実は、秘書検定の問題にもなっているんですよ「頂きもの」の対応ということで

以外と知られていないことかもしれませんね

各会社・職場でルールがあるとは思いますが、秘書検定で言われているシンプルな対応を紹介します

  • 秘書A子さんが、自分の上司への贈答品をB社のC氏から預かりました
    ※「みなさんで召し上がってください」と言われても、あくまで上司とB社のC氏の関係からでた贈答品です
    A子さんは上司の代わりに受け取ったんです
  • 秘書A子さんは、上司へB社のC氏からの贈答品を頂いたことを報告します
  • 上司が贈答品の中身を確認せず「みんなで分けてくれ」と言った場合は、上司に中身を報告します
    その上、A子さんが部署のみんなに配ります
  • 秘書A子さんは、上司に贈答品の中身を報告したのち、上司のお名前でB社のC氏にお礼状を送付します
    ※B社からの贈答品が先方の会社・代表からになっている場合はB社・代表宛にお礼状を送付します

「頂き物」は嬉しいですが、分けるときに数があわないなど色々苦労することもありますね

「みなさんで召し上がってください」・「○○さんに、お世話になったので」など受け取った「頂き物」は

会社であれば、上司へ報告することをお勧めします

「頂き物」は、感謝のしるしですね

気持ち良く受け取って、感謝とお礼を伝えたいですね・・・・ 晴れ晴れ

ちょっと扱いを間違えると、人間関係が「腫れ」てしまいます・・・・気をつけたいですね

「ありがとう」を大切にしたいですね

 

☆☆☆ 明日、天気が晴れますように ☆☆☆